Find us on Facebook

会社案内

企業理念

*

代表取締役社長 白樫 達也

「古今第一トス」という誇り。 「味を変えない」という覚悟

永正2年(1505)以前の創業以来、伊丹から灘へと醸造の舞台を移しながら、500年以上にわたり剣菱は造り続けられてきました。私どもの原点は、江戸時代末期に書かれた「守貞謾稿」(のちの「近世風俗史」)のなかで剣菱の商標とともに記された「古今第一トス」の文字。「昔も今もいちばん良い酒である」といわれた剣菱を「今」に受け継いでいることに、強い誇りと使命感を持っております。

500年のときを経て今に至るまで、五家におよぶバトンの継承や、戦争、震災、そして淡麗辛口ブームの到来など、危機とも試練とも呼べる出来事がいろいろありました。それでも、「古今第一トス」の精神のもと技と感性を磨き、昔と変わらない味を、昔と変わらない商標とともに提供し続けてまいりました。

そもそもお客さまからいただいたお代金は、「この酒がおいしいからこれからも同じ酒を造り続けてください」という願いが込められたもの。つまり、剣菱の味は、かつての造り手たちが守り続けてきたものではなく、かつての造り手とお客さまとで守り続けられてきたものといえます。500年間この味で評価をいただいてきたのですから、今後もお客さまからいただいたお代金を原材料や酒造りの手間隙に惜しみなく使わせていただくことで、引き続き剣菱の味を潔く守り、お客さまへとお届けする。それが、今の時代に剣菱を受け継ぐ私どもの務めであると確信しております。

また、私どもが剣菱を造るうえで心がけているのは、先代(2代目社長)・白樫政一の訓えである「止まった時計のままでいる」ということ。そのときどきの流行に合わせようとして時計のスピードをその都度速めてしまっては、24時間の間に一度として時計の針が正しい時間を指すことはありません。でも、時代がどう移り変わろうと常に止まった時計のままでいれば、24時間の間に必ず2回は時計の針が正しい時間を指します。なにより、剣菱は多くのお客さまの特別なひとときにも寄り添わせていただいている酒。剣菱の味が変わらなければ、お客さまは剣菱を飲むたびにその思い出を甦らせることができます。お客さまの思い出のなかで剣菱の味が生き続けている限り、「止まった時計のままでいる」ことは剣菱の義務であるといえるでしょう。

いにしえより不変の「古今第一トス」という文字、そして、墨くろぐろと縦、横ひと筆ずつの商標。剣菱の揺るぎない精神と原点は、多くを語るより、このことがすべてを物語っています。今後も剣菱は、不変の美を貫き、酒文化を未来へと継承していく所存です。そして私たちは、昔も、今も、これからも、感謝の気持ちを込めて世に愛される酒を造り続けてまいります。

*

会社概要

社名 剣菱酒造株式会社
創業 永正2年(1505)以前
設立 昭和24年12月14日
蔵元 代表取締役社長 白樫達也
資本金 2,100万円
事業所 【本社】神戸市東灘区御影本町3-12-5
【浜蔵兼瓶詰工場】神戸市東灘区深江浜町53-10
【精米場】神戸市東灘区深江浜町53-11
【内蔵】神戸市東灘区御影本町3-11-2
【中蔵】神戸市東灘区魚崎南町4-3-21
【魚崎蔵】神戸市東灘区魚崎南町5-9-3
※酒の販売・蔵の見学は行っておりません。

Google マップを見る

社員数 56人(平成24年11月1日現在)
蔵人 約80人
取引銀行 みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・三井住友銀行
主要取引先 三菱食品株式会社
国分株式会社
三井食品株式会社
浅井酒類販売株式会社
お問合せ 078-451-2501

*

沿革

永正2年(1505)以前 伊丹で稲寺屋が創業
寛保3年(1743) 津国屋が剣菱を継承
明治6年(1873) 稲野利三郎が剣菱を継承
明治42年(1909) 池上茂兵衛が剣菱を継承
昭和3年(1928) 白樫政雄が剣菱を継承。武庫郡住吉村にて創業
昭和4年(1929) 灘(住吉)に剣菱酒造株式会社を設立(11月1日)
昭和18年(1943) 企業統制により4社合併。甲南酒造株式会社を設立。銘柄「百万両」
昭和20年(1945) 空襲により住吉の蔵が焼失
昭和24年(1949) 剣菱酒造株式会社を御影で再発足(現本社及び内蔵)。白樫政一が社長に就任
昭和29年(1954) 西蔵を譲受
昭和38年(1963) 東蔵を譲受
昭和46年(1971) 義本酒造株式会社を譲受。旭蔵とする
昭和47年(1972) 浜蔵、貯蔵庫、瓶詰工場を建設
昭和51年(1976) 浜蔵に精米場を建設
昭和53年(1978) 肥塚酒造株式会社を譲受。中蔵とする
昭和56年(1981) 魚崎酒造株式会社(酒造蔵2蔵)を譲受。魚崎蔵・七号蔵とする
昭和62年(1987) 瑞祥黒松剣菱 誕生
平成元年(1989) 高速道路神戸湾岸線建設により浜蔵を移築
平成3年(1991) 浜蔵貯蔵庫、宿舎増築
平成6年(1994) 白樫達也が社長に就任
平成7年(1995) 阪神・淡路大震災が発生(1月17日5時46分)。浜蔵以外の木造7蔵が倒壊。4名が犠牲になる
平成7年(1995) 魚崎蔵(11月)と中蔵(12月)を再建
平成9年(1997) 本社を補修改築。内蔵を再建
平成11年(1999) 内蔵に貯蔵庫を建設
平成14年(2002) 浜蔵に貯蔵庫を増築
平成20年(2008) 瑞穂黒松剣菱 誕生。黒松剣菱180ml グッドデザイン賞受賞
平成25年(2013) ホームページおよびフェイスブックを開設

ページトップに戻る